汗が原因の肌荒れ・痒み、要注意な症状はコレ

汗が原因の肌荒れ・痒み、要注意な症状はコレ

汗が原因の肌荒れ・痒み、要注意な症状

汗が原因で起こる肌荒れや痒みは、

あせもを代表として幾つかあります。

中でも早めの受診をしたい症状を2つ

ご紹介しますね。

自分の汗に反応してしまう2つの症状

あせもを代表とした、前回お伝えした症状は、

誰しも起こりやすい、汗が原因となる

肌荒れや痒みの症状でしたが、

以下の2つの症状の場合は、症状が強く

治るまでに、ある程度の時間がかかります。

同じような症状がある場合には、

出来るだけ早く皮膚科を受診しましょう。

全身型金属アレルギー

食事やの内服薬などから体内に蓄積された

金属成分が汗に混ざって排出されることで

アレルギー反応を起こしてしまう症状です。

食品や歯科治療でいれた金属の

クロム・ニッケルなどが原因と言われます。

症状は主に、手と足に強めの痒みが出るそうです。

コリン性蕁麻疹

汗をかいたり、発汗が促される度に

1~5mmの膨疹(ぼうしん)や紅斑(こうはん)

が表れ、痒みやピリピリとした刺激、

あわせて腹痛や下痢が表れます。

掌や足の裏には湿疹が現れず、主に体幹部に

症状がらわれると言われています。

症状は2時間程度で治まりますが、

発汗に伴い繰り返されます。

原因は発汗指令を伝達する『アセチルコリン』

と言う物質を体内で処理しきれない事で

起こると言われていますが、明確なメカニズムは

分かっていないそうです。

全身型金属アレルギーやコリン性蕁麻疹が

起きた時には、早めに医療機関を受診して

治療を受けるようにましょう。

対策はどうしたら良い?

前回同様、

汗をかいた後は早めに拭き取ること、

睡眠をしっかりとって、

ビタミンが多く含まれる食品を意識して摂る

などして、肌バランスを良好に保つこと、

が汗が原因の肌トラブルの予防方法です。

でも、汗をかいてしまうのって、

自分ではどうにもできないんですよね…。

汗かきや多汗症で悩んでいる私たちにしたら、

そこら辺の誰よりも切実に、

汗を止められるなら、今すぐにでも止めたい!

と感じていますから。

治療に行くにも、大きな病院でしか専門外来がない

とか、

通える範囲に専門外来が無くて…とか、

そもそも、時間に余裕がない方もいらっしゃると

思います。

そういった通院治療が難しい方には、

市販の汗対策グッズや

サプリメントで汗対策をするのもお勧めです。

市販の汗対策グッズやサプリメントは

毎日続けて使用するだけ、内服するだけなので

楽に続けられるし、汗対策に移動時間も待ち時間も

掛かりません。

私自身も通院する時間的余裕もないので

汗専用の対策サプリを飲んでいます。

約1ヵ月が過ぎたところで、

悩みの種の、滝のような汗がジワジワ汗にまで

改善されました♪

そのサプリとは・・・

使用者の満足度91.7%

リピート率93.5%の汗対策サプリ

アセッパーです。

実際に使用してみた感想と詳細レビューを

載せています(^-^)

滝汗が治まった!アセッパーの詳細レビュー&感想!!

悩みながら毎日を過ごすより、手軽にできる方法で

汗対策してみませんか?(*^^*)