汗かきや多汗症の原因や切っ掛けって何?

汗かきや多汗症の原因や切っ掛けって何?

気温が高かったり、湿度が高かったり、

ちょっと走って止まった瞬間から、

汗がダラダラと流れたり…、吹き出たり

見た目にもどうなの?って思うし

顔や首筋、背中や脇などが汗で濡れて

不快だし、臭うんじゃないかと気になるし、

汗の悩みってとても大きな悩みですよね。

私達の大きな悩みになっている

汗かきや多汗症。

発汗異常になってしまう原因や切っ掛けって

あるのでしょうか?

今回は汗の悩みの原因や切っ掛けについて

調べてみました。

汗の異常の原因や切っ掛け

とにかく汗の量が多い、多量の発汗のせいで臭う

などの、深刻な汗の悩み。

少しでも改善する為に、原因や切っ掛けを知りたいですよね。

発汗異常とも言えるその原因は、数パターンあります。

冷え性

水分の摂り過ぎが主な原因で、
内臓がへ冷えすぎないように余分な水分を
発汗で排出します。

自律神経の乱れ

冷え性もそうですが、自律神経の乱れから
発汗異常に繋がるケースはとても多いです。

全身に広がるクリエン線へ発汗の指令を出す
交感神経が機能しているのに対し、
ブレーキ的な指令を出す副交感神経の働きは
鈍く、汗の量のコントロールができなくなります。

肥満や隠れ肥満

肥満や、隠れ肥満の場合、内臓脂肪が断熱材の
ような役割をしてしまいます。

すると体温調節がスムーズに行われなくなり
体内に熱を籠らせてしまいます。

それでも、体温を下げなければ危険なため
強制的に発汗して体温調節をします。

運動不足による汗腺の衰え

日頃あまり運動をしない、日中は汗をかかない
涼しい環境で過ごしているなど、
定期的に発汗をしない場合は、汗腺が衰えている
可能性があります。

するとある一定の汗腺のみが機能している状態になり
体の一定の箇所から大量の発汗をします。

食生活の偏り

スパイスや香辛料などの刺激の多い食べ物や
カフェインやアルコールの摂取が極端に多いと
汗腺を刺激してしまいます。

緊張やストレス過多

緊張、ストレスが余りにも強すぎる場合にも
発汗異常が発生します。

この場合で多いのが、掌や足裏からの異常発汗です。
局所性多汗症の場合もありますので、
専門医の受診も視野に入れて置きましょう。

病気が原因

肥満や隠れ肥満でもなく、健康的な生活をしていて
今までは汗かきでも無かったのに、この数年で急に
汗の量が異常に増えた、と言う場合は
病気が根底にある可能性があります。

多汗症を引き起こす病気として
・バセドー病・糖尿病・急性リウマチ
・プランマー病・褐色細胞腫・生殖器障害
などがあります。

汗腺が衰えないように日頃から適度な運動をしたり

湯船につかり代謝をあげる、野菜を多く摂るように

食生活の改善をするなど、

日常生活で改善できることもあります。

汗かきと多汗症

そもそも、汗かき・多汗症の定義はあるの?

これ、結構重要な問題なんですが

私も自分が汗かきだと思っています。

でも、汗かきの定義って何でしょう?

世に言う『汗かきさん』って、見た目で判断ですよね。

  • 人より多く何度も汗をかく人
  • 人より一度に大量の汗をかく人
  • 汗が中々引かない人
  • 目立つ箇所に大量の汗をかく人
  • 汗+臭いがある人

汗かきさんの印象って、こんな感じじゃないでしょうか?

実際に、医学的にも汗かきの定義はないそうです。

人が一日に汗をかく量は、個人差がかなり大きく

生活スタイルや仕事などによっても、

一日でかく汗の量には差がでます。

例えば、

オフィス勤務の人と屋外勤務の人、発汗の差は明らかです。

なので、一日に何mlの汗をかくから汗かき。

なんて汗かきの定義は何処にもなく、見た目で判断しているんです。

そうなると益々、汗かきと多汗症の区別って

難しい…って思いませんか?

汗かきと多汗症の違いはココにある

では、汗かきと多汗症の違いって何だと思いますか?

汗の量の違い?

困っている状況の違い?

全身からの汗か、一部からの汗の違い?

幾つか思う事はありましたが、違いはこうなっています。

  汗かき 多汗症

汗をかく
タイミング

運動や外気温の
高さで体温が
上昇した時

 静止していても常に
発汗している

汗を多くかく
季節

 気温が25℃以上になる
春~夏の間が
ピーク

 季節や気温関係なく
一年中、
同じ程度の発汗
汗の引き方 時間はかかっても
暫くジッとしていると引く

常に発汗するので
汗が引かない

汗かきと多汗症の違いは、このように大きな違いがあります。

汗かきは、

運動や気温などの切っ掛けがあって発汗し始め

涼しい場所や風にあたる、じっとしていれば

時期に汗が引くのに対し、

多汗症は、

季節や気温、体温にも関係なく常に発汗します。

ジッとしていても、リラックスしていても

汗が引く事はなく、発汗が続きます。

こうして見ると、違いは明らかですよね。

そしてもう一つの違いがあって

汗かきは『体質』多汗症は『病気』

と言う違いもあります。

とは言っても、

私達素人が、汗かきと多汗症の区別を着けることは出来ません。

汗かきのようで、多汗症の場合もあるので

専門の知識をもった医師に判断してもらいましょう。

汗かきなのか多汗症なのか迷ったり、ハッキリさせたい

と思ったら、多汗症外来や発汗異常外来のある皮膚科、

精神的にも影響が出ているならば心療内科でも

診察をしてくれます。

汗かきも多汗症も『汗で悩む』

汗かきと多汗症の違いは分かりましたが、

ともに『多量の汗で悩んでいる』のは同じです。

汗かき・多汗症のどちらなのかハッキリさせたい場合は

専門の医療機関で診断してもらい、

多汗症だった場合は、治療も可能です。

汗かきや多汗症だけど

お仕事や子育てで忙しくて、通院する余裕がない…

と言う場合には、汗対策サプリメントやグッズで

改善していく方法もあります。

私も試してみました↓↓

滝汗にも効果を実感!汗対策専用サプリ・レビューページ

日頃の生活を改善してみたり、サプリやグッズで

少しでも汗の悩みを軽減して行きましょう(^-^)